カテゴリー別アーカイブ: 家族・子供

お散歩日和。

今日は天気が良かったから娘と公園へ行ってきました。幼稚園や小学生向けって感じの大きな遊具があって、うちの娘には少しレベル高めです。
春休み終わったし誰もいないだろーなぁと向かってみると、意外といましたっ!
幼稚園の集団や小学生たちが数名、あとは私達と同じようなお友達がたくさん。

大人数に慣れていない娘だったので心配でしたがとりあえず遊んでみることにしました。最近は元気いっぱい走り回ってます。あんなに「ママ抱っこー」の子が!
ママよりずっと先を走って行きます。それだけでかなり成長を感じてしまいました。うぅっ。

坂道や階段を登り降りしたり、落ち葉を蹴りまくったり、今回は遊具に興味を示さずでした。

1番遊びまくったのが大きな滑り台です。
最初はママの膝の上に乗らないと滑られなかったのが、2回目からは1人で滑られるようになっちゃいました。あぁ成長してるーうぅっ。

と、まぁそれはいいんですけど滑り台は大きいので坂を登らなきゃ上までたどり着かないんです。ひたすらママも付き合わされました。ダイエットだと思って頑張りました。今日もたくさん遊んだね!

2015年最後の日。

3年前に母の方の祖父が亡くなってから毎年12月31日は母方の祖母と母と一緒に祖母の家に泊まりに行くのが毎年の行事になっています。
祖母は祖父が亡くなってから一人で生活をしているのですが、一人で寂しく年を越すのはかわいそうと母が言ったことから3年前から大晦日は母と祖母の家に泊まりに行っています。
祖母は寂しくないから大丈夫と言っているのですが一人はやっぱりかわいそうだし新年の準備のお手伝いもできると思い毎年行っています。
去年(2015)の大晦日も泊まりご飯を一緒に食べて3人でずっと紅白を見ていました。
いつも夜の8時頃には寝てしまう祖母も大晦日だけは私たちと一緒に紅白を見ているので夜遅くまで起きています。
家にいる父には申し訳ないですが、女性だけ3人で楽しい時間を過ごさせてもらっています。
おいしいものを食べて好きなテレビを見ながら暖かいこたつでごろごろしながらアイスを食べるという最高に幸せな時間です。

自転車の練習をしに行きました

子どもが今補助輪付きですが、自転車の練習をしています。
家の前の道は車どおりが少ないので、そこで出来ないこともないのですが、母親の私一人だと下の子もいるためちょっと怖いので、公園とかに行って見るようにしています。

今回は、木曽三川公園に行きました。
自転車を借りてサイクリングをすることもできるので、自転車の練習をするにはもってこいの場所です。

上の子は、補助輪付き自転車を、下の子は、ストライダーの練習をしました。
2人共やりたくて仕方がないので、行くと言うまでは何度も何度も言ってきます。
根負けして付き合う感じです。

ヘルメットをかぶって、サイクリングロードに行き練習開始。
2人のスピードがまるで違うので、私はどうしても下の子の近くにいてしまいます。
上の子は先にダーッと進んで行き、途中で戻ってきます。
そんな感じでやりながら練習をしてきましたよ。

下の子は道端に咲いている花が気になるようで、途中でストライダーをほったらかして花を摘んでいました。
上の子は遠くの方で止まって、また上の子も花を触っていました。
何をしに来たのか分からなくなりましたが、子どもたちが満足してくれたらそれでいっかと思いました。
楽しめてよかったです。

クリスマスプレゼント

子供たちが私の友達からクリスマス兼お年玉としてプレゼントとしてQ-BA-MAZE(キューバメイズ)という玉ころがしのおもちゃをもらった。事前に「何がいいかなあ」と私が聞かれたので興味がありそうな、でもそこまでおもちゃっぽくないものをいくつかリクエストしていて、その中の一つがこれだった。50個ほど入っている小さなプラスチック製のブロックを組み合わせて、上から20個ほどの玉を転がしていくのを楽しむというもの。スケルトンのブロックの中を通っていくので玉が転がっていく様子を見ることが出来るし、簡単にブロック同士を組み合わせることが出来るので下の幼稚園児の子供も楽しんでいたし、大人の私も十分楽しめた。もう少しブロックを増やすともっと大掛かりなものを作ることも出来るので、これからい色々組み合わせて楽しんでいこうと思う。

思春期の息子とのひと時

息子は、今年の春、中学を卒業しましたが、中学3年の夏から、不登校になり、家に引きこもって、スマホ・パソコンに依存した生活を送っています。
病的な依存症だと思います。
そんな息子が、昨日、「イヤホンが壊れたから、買いに行く」と言いました。
100円均一のお店か、近くの電機屋さんへ行くつもりのようでしたが、その電機屋さんは、店舗改装のため、工事中です。
そこで、「他の電機屋さんに行くなら、車出そうか?」と声をかけたら、「行こうか。」という返事でした。
少し前から、髪の毛も伸びていて、本人から「ついでに、床屋も行こうかな。」と言うではありませんか。
ひどい時は、3、4か月、散髪に行かず、髪の毛を伸ばし放題の時期もありました。
そこで、本人の気が変わらないうちに、即出かけました。
引きこもっている息子に対して、できるだけ些細なことでも、声をかけるよう努めています。
時には、真剣な話も振ってみますが、真剣な話になると、返事が返ってこないことも多いです。
そんな思春期の息子と、どれぐらいの距離感で、どう付き合っていけばいいのか、というのは常日頃の私にとっての課題であります。
昨日は、久しぶりに二人で、出かけることができました。
イヤホンをどれにしようか・・・と迷いながら、一緒に選ぶ時間は、とても楽しく、有意義でした。
なかなか、親と一緒に外出してくれることも少ないので、貴重な機会を得られて、このひと時の時間がとても幸せに感じられました。

食べ物の好き嫌いの多い息子

年中の息子が成長と共に食べ物の好みが変わってきたようで困っています。
カレーやお好み焼きで野菜をとっていたのに食べなくなり
食べられるのは、主にから揚げとソーセージと魚と納豆です。

ソーセージもシワシワしたタイプは嫌いなようです。
たまには違うメーカーの物をと思ったのにダメなようです。

毎日のお弁当に納豆の海苔巻きを持たせていました。
そして夜にも弟と納豆を半分にしてご飯にかけてあげていました。

一カ月くらいたったでしょうか、突然夜に嘔吐してしまいました。
でも熱などはなく元気でした。

その二週間後、昼間に嘔吐したと先生に報告を受けました。
その日は朝食にも納豆をあげていました。
翌日は念のため休ませましたが、平熱が少し高いくらいで元気でした。
しかしご飯はあまり食べず、お菓子は食べていました。

お弁当の納豆が痛んでしまったんだろうかと思ったんですが
私もお昼に残りの納豆巻きを食べていて何ともないです。

ネットで調べていたら「納豆アレルギー」というものがありました。
納豆の取りすぎにより、吐き気や腹痛を起こすそうです。
もしかしてこれかなと思い、今は納豆はあげていません。

食べられる物が少ないので、同じものばかりあげてしまって反省した出来事でした。

叔父が好きで遺した物

私の叔父は若くして病気で亡くなりました。それから数年が経ち、母親が荷物の整頓をしています。
母親の母、私の祖母も健在ですが、荷物の整頓が出来ないので母親が片道2時間かけて整頓の為に行っています。
そこで面白い物を見つけたと言って、持って帰ってきました。
見ると記念のコインです。それを見て、忘れていた事を思い出しました。
切手のコレクションです。叔父は切手のコレクションをしていて、私に見せてくれました。私がうんと小さい頃にはそれが大好きで綺麗に整頓されているコレクションを眺めるているのも楽しい時間でした。
これが何と言う説明もなく、私は切手が何に使われるのかも知らないまま、綺麗に並んでりる変な絵や模様、写真の切手に見とれていました。
すっかりそんな事は忘れていましたが、コインや旧札が出てきたと母親が見せてくれた事で思い出したのです。
又、時間があればそのコレクションをもう一度見に行こうと思いました。
叔父が何を考えながら集めていたのかなと思いを馳せます。