布団買い換えで衝撃の事実判明!?

先日、敷き布団を買い換えました。
今まで使っていたのはもう使用歴5年になる低反発のマットレスで、2年くらい前から裏にカビが生えてしまっていて。
ずっと気にはなっていたのですが、私にしては高い買い物だったこともあってなかなか踏ん切りがつかず、ズルズルと使い続けていました。
でも、いい加減カビの範囲が広がってきたこともあって、体に悪そうだしついに思いきってお別れを決意したんです。
新しい布団は5000円くらいの安い物なのですが、一応日本製で評判も良いようだったのでわりとフィーリングで即決したのですが、いざ寝てみてビックリ。
朝起きたとき明らかに前の布団よりもスッキリしている!
前の布団ではカビが生えてないきれいな頃でもこんなにスッキリしてなかったし寝つきも悪かったし体もだるかったような…。
もしかしてそもそも私の体には低反発が合っていなかったのかも!?と考えると、前の布団に払ったお金(確か3万円以上したはず)と自ら睡眠の室を下げまくっていた5年間の月日が本当にもったいない~!!
低反発=絶対的に体に良いという思い込みがずっとあったので、本当に衝撃的でした。
これからは今までの5年間を取り戻すべく、どんどん寝まくりたいと思います(笑)。